« 2007年7月23日 (月) | トップページ | 2007年7月27日 (金) »

2007年7月24日 (火)

ルクルーゼ鍋で作るピラフの火加減2合編

前回「アサリのパエリア」にて火加減が強すぎと水加減が多すぎたので今日はリベンジ!!

よく載っているレシピはすべて3合、しかし私の持っている鍋は2号が限度

なので2合での火加減を大研究!!

やはり弱火強で5分、極弱火で7分、蒸らし10分が一番

そして7分の時に「グツグツでなく「プスプス」っていう軽い音、

「パチパチ」ってのはもうすでに黒いおこげが出ていている証拠!!

注意注意!!

水が少なくなったような音がするのが

「茶色のおこげ」が付いて美味しいです

水加減は180ccを2回って思っていたけど180ccと175ccそして白ワインが50cc

コレが一番良かったです!

以前作った「魚肉ソーセージピラフ」の火加減が大成功したので

やはり鍋が変わっていも火加減は一緒ですね。

具材が違ってくるとお米の分量も変わってきますが

これにアサリくらいのプラスだったらこのままの分量でOKだと思うけど

まだ研究中です!!

Dsc06771

具材分量>鶏肉50g玉ねぎ半分の半分、ピーマン1個、にんにく1かけ、プチトマト5個

予算の関係であさりはないのねぇ~

鶏肉のピラフです

| | コメント (4)

« 2007年7月23日 (月) | トップページ | 2007年7月27日 (金) »