« イセエビの蛸壺グラタン | トップページ | 秋津野ガルデン »

2008年10月31日 (金)

レッドクリフ -

待ちに待った映画「レッドクリフ」

最後の挽歌シリーズでおなじみの「2丁拳銃の巨匠・ジョンウー」監督の最新作

拳銃が無い「三国志」を手がけるだけにどう展開するのか気になっていましたが

しっかり期待は裏切りませんでした!

内容度

ありえない度

お笑い度

さっそく内訳行ってみよう!

329757view006 孫権軍の司令官である武将・周瑜を演じた「トニーレオン」

久々のトニー君

いつも渋いね

今回は硬い役柄と言うことで「しっかり眉毛整えていました」

そこ見もの

2万人の軍隊のみで80万人率いる曹操と戦う頭脳派

Ae8c7903e927c87b0ce30a6060e38754 曹操演じる「チャンフォイ」久しぶりです

私にとって「さらばわが愛」以来です。

しっかし腹黒い独裁者を演じてくれています

女好き野心家を演じるのは、もう彼しかいない!!と思ったのは私だけでなく「ウー監督」もそうだったらしく、粘って彼を説得して出演してもらったそうです。

これを気に俳優業を貫いて欲しいですね

なんと今回の設定は女好きということでなく純愛を貫くために戦うという設定

純愛と言ってもねぇ~・・・

タダの一目ぼれ( ̄ー ̄)ニヤリ

かなり一方的!!

いい迷惑ですやっぱり「独裁者」

おかげで何万人も犠牲者がでる戦いになるのにね~~~

そんな一方的に惚れられて戦争になった彼女が

329757view007 リンチーリン演じる武将・周瑜の正妻「小喬」

ウィウ~~~ン「さらばわが愛」の「コンリー」とかぶっちゃう容姿

今回はスレンダー美女

ジョンウーが引き抜いただけ綺麗!

しっかり「エロバカ嫁」を演じています

329757view002 そんな戦争をやめさせるために「「孫」と手を組んだ天才軍師の「孔明」

金城武君

う・・ん・・・

好みもあるんですが私はね

ノーコメントで・・・・

********************************

三国志が舞台になった物語、私は歴史がまったく知らないので難しかったですが、その難しさを吹き飛ばす内容!笑いに変えてくれる技法それは・・・・・

ありえないアクションの連続と亀

329757view004_2 その1>槍の達人「チョウウン」

前半に自分の大将の乳飲み子を救う為に一人戦いに行くシーン

シェイクしまくりです、揺さぶり症候群なっちゃいます

ラグビーボールのようにキャッチします

おにぎりみたいに布に包み背負います。酸欠状態になりますでもしっかり無事ですミラクルマジックWoo~~~~

8fd91983607eb35667326e5aae46bdad その2>馬のツボを知る女

「孫権」の妹姫「尚香」

カンフーハッスルでドラゴンボールな彼女でしたが今回は北斗の拳

ツボ押し気絶させ、息まで止める技法を持つミラクルハンドパワーの持ち主

無理です

無理です

無理すぎます

目が落ちそうなほど白目が大きい

可愛い彼女に無理でも許せちゃうってぇ?

ないない・・・

ないです・・・

**************************

さっと書いただけでもパロディー感覚ですがしっかりアクションラブムービーです。

ラブ?あるねん・・・要らないけどね・・・・

しかし4年待っただけに面白かったです

ぜひ難しく見ないでパロディーとしみてください。

そして2丁拳銃は無い世界!!なので「2丁槍」!!ロングコートでなく鎧のわき腹から両腕をクロスして後ろに差し込む技法は健在!!

ヒントは亀

緑亀

亀いい仕事しますから

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

|

« イセエビの蛸壺グラタン | トップページ | 秋津野ガルデン »

コメント

きてますね~、マニアネタ。
ちゃんと韓国ドラマのポチボタンもあるんですね☆
押しときました。笑

投稿: はな | 2008年11月 1日 (土) 08時40分

趙雲が劉備の息子を助けに敵陣へ単騎乗り込むこの場面は三国志のなかでも5本の指に入る涙と感動の場面なんですよ(^^;)

投稿: 夫婦でデート | 2008年11月 1日 (土) 14時37分

はなさん>
アクション映画としてお勧めします~

夫婦さん>
本来は三国志ということでみんな期待していたらしいですが、実際、監督はアクション専門の監督なので主旨が違っている為に評価が分かれています。

アクション映画としては最高傑作でしたがそのため、人の描写絵図はパロディーに仕上がり感動的な場面が薄い映画でした。

なのでぜひアクション映画として楽しんでもらえたらと思います。
アジア監督として唯一認められたハイウッド監督の久々の作品です。

投稿:  うえじゅん | 2008年11月 1日 (土) 18時48分

確かに!
人物描写の浅さは私も感じました(^^;)

投稿: 夫婦でデート | 2008年11月 4日 (火) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イセエビの蛸壺グラタン | トップページ | 秋津野ガルデン »