« 春爛漫 | トップページ | 熊野本宮大社、 »

2010年3月23日 (火)

山菜ワラビの灰での下処理方法

山奥は戦争です( ^ω^)おっおっおっ

山菜確保で年寄りが活発に動いております

その一人「おばあちゃん」は目の色変えて飛んでいます

山奥用語で、山菜取りに行くやマツタケを採りに行くことを「踊りに行く」と言います

どっかの大箱クラブに群がるギャル用語ですよね~

これ本当のこと

う>「おばあちゃん朝から踊りに行ってた?」

婆>「踊ったよ」

う>「どうやった?」

婆>「まあまあやったよ」

まぁ~普通の人が聞いたら社交ダンス?またはお達者クラブ?と思いますよね~

注意注意です

さて、昨日は破壊王と父ちゃんが山菜取りに出かけ

おばあちゃんが目くじらを立て

「早く処理しないと硬くなる」と極度の圧をかけてきた!!!

朝から方法を教えてもらいましたとっても上目線ですがねo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

しかしおばあちゃんのワラビの下処理は美味しい

悔しいが自尊人を捨て指導してもらいました

Dsc_0185 とってきた蕨は洗わずに

重曹でする予定でしたが

あまりにもうるさい(゚⊿゚)イラネ

我慢して師匠に伝授

Dsc_0186 薪で風呂を焚いているので

灰は盛りだくさん~

これもおばあちゃんの拘りで

余計なものが入っていません

新聞なんって絶対入れたら殺されるくらい~~

杉の枯れた部分で小さな火を保ち、大きな木をれていく、絶対紙は入れていません~

綺麗な灰ですザルで余分なものを振るって使用

Dsc_0187 沸騰した鍋に灰を2つかみ投入

これは適当でOKらしい

山奥用語で「湯を沸かしてから山に入れ」というくらい

山菜を採ったらすぐに処理をしなさいという言い伝えがあるくらい

うるさいです( ゚д゚)、ペッ(゚Д゚)ハァ?

Dsc_0188 蕨の色が変われば水に出してよく水にさらす

方言で「水にさらす」=「水にあわす」といいます

よ~く合わしましょう

まぁこんかいは煮過ぎ!少し柔らかくなり過ぎましたが初めて重曹意外で下処理をしてみました

これも試練!しかしスキルアップできました

にほんブログ村 地域生活(都道府県)
ブログ 和歌山情報へ
にほんブログ村

|

« 春爛漫 | トップページ | 熊野本宮大社、 »

和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春爛漫 | トップページ | 熊野本宮大社、 »