« サツマイモのケーキ | トップページ | オキナヒメジの煮付け »

2011年10月24日 (月)

豆腐マヨネーズ&ガーリックバター

先週から風下痢がフィーバーで茶々が長い下痢生活で大変です

まだ下痢が続き、腸整薬で少しかな?下痢が治まってきているような気がします。

今日、ネットで調べたら「乳糖不耐症」らしき症状ではっきりとは決めれないが便の状態が

それらしいので、もしそれだったら長引きそうです。

胃腸炎の後遺症で小腸が荒れ、乳製品を分解できない状態らしいです

酵素が不足していることが原因らしいです。

わかりやすく言えば「おなかの中でヨーグルトを作る組織が壊れているため、消化できないらしいです、

適度なビフィイズ菌ってのは必要なんですね・・・

てなわけで、茶々のために乳製品削除ソースメニューと、そうでないパンチのあるソース!

まったく正反対なソース2品を紹介!!

Dsc_2835 先ずは、べジメニュー「豆腐マヨネーズ」

ノンオイルタイプなのでダイエットにもOK

材料混ぜハンドチョッパーでソース状にするだけ!!

最近これが私のつぼ!

意外に旨いソースです

!!たまねぎ、豆腐共に半分、お酢大さじ2、塩コショウ適量を混ぜ合わせるだけ!!

「竜神るあん」さんの豆腐なら甘みが要らないですが、それ以外の豆腐の場合は

甘みが足らないので砂糖小さじ半分を加えてください。想像以上のマヨネーズ風味になります。

実際、「茶々のため」に作ったものの玉ねぎはパンチあるため不評ψ(`∇´)ψ

子供用は玉ねぎ無しで野菜にかけて食べました。

大人は・・・この大物とチョイス!

Dsc_2837_2

海老解禁です~~~~

たっぷりつけて食べましたΣ( ゜Д゜)ハッ!

茶々は・・かなりお怒り!!ペタペタとさわり泣き叫んでいましたΣ(゚д゚lll)アブナッ !

すまんの・・・

さて豆腐マヨネーズも定番メニューですが、土井善晴さんの「おかずのクッキング

で放映していた「ガーリックバター」

和牛に乗せていましたが、和牛は手が出ず、豚で頂きました~

Dsc_2839_2

にんにくは茹でる、柔らかくなったらバターを加え、塩コショウも加え混ぜ合わせる。

私たちは少し、醤油を加え、頂きました

これはかなり好評で、肉嫌いの父ちゃんも絶賛でした

ガーリックですが茹でることで風味が柔らかくなり、香りが落ち着きます

「にんにくが前に出ず、しかしパンチもしっかりある」

コクのあるバターとの相性が良いですね。「土井さん流石です!」

翌日は臭い家族~となりました。

キャベツのドレッシングは先ほどの「豆腐マヨネーズ」です

べジーにお肉にまったく正反対の盛り付けとなりましたが、私は完璧なベジタリアンでないのでお許しを~

Dsc_2840 見た目ちょっと豪華なメニューですが

豚だったら低価格!

豚でもとってもゴージャス!

ガーリックバターでリッチな風味があります。

ビールが進んだ1品です

にほんブログ村 
地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

久々なのでぜひポチッと押してください~

|

« サツマイモのケーキ | トップページ | オキナヒメジの煮付け »

洋食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サツマイモのケーキ | トップページ | オキナヒメジの煮付け »