« 2012年1月 3日 (火) | トップページ | 2012年1月13日 (金) »

2012年1月12日 (木)

伊勢・鳥羽珍道旅行

去年の9月15日で「うえじゅん」結婚10周年でした。

記念として、伊勢に旅行に行ってきました。

この文章だけ読むと・・・

父ちゃんがかんがえてくれたん~

って思うでしょうが、父ちゃんはまったくそんな気がなかって、

私がごねて決行した「10周年記念旅行」でした。

出資は父ちゃんで決行!ありがたいです

「これで当分なないで」と言われましたがね・・・

まぁ~一応お祝いなので仲良く喧嘩もなく無事に楽しめました。

Dsc_3452

みて~~上の写真「父ちゃんもにゃんまげポーズ」

子供できると変わるもんですね~笑えますね~

1日目は破壊王希望の「安土城時代村」に行ってきました

Dsc_3456_2 某TV番組の「逃亡者」ができるくらい人が少なかったですが、

スタッフの人たちは一生懸命に演じていました。

忍者が面白かったですし、それなりに楽しめました。

小学生にはツボだったのか、お決まりに刀をほしがっていました

Dsc_3466 安土時代の時代村ということで「安土城」

リアルに天守閣を再現していました

織田信長だ建てた城はよくTVで紹介していたので少しの知識があったぶん、楽しめました

中央の赤い間は能を舞うゾーンだったと思うんですがワンフロワー一面、朱色と金箔でデコ!

最上階は「信長の間」と言われ金箔と漆のコラボレーション、信長がどれだけデコ好きだったかを思わせる城でした

説明によると、防御するための軍事的な目的でなく、居住性に優れ、政治や宗教を主とした構造になっているらしく、信長は遠い昔の噂では同性愛者という噂から、プライベート別荘感覚で、お好みの男子とともに暮らすために立てたのでは?と思いました。

男性目線では建設できない構造でした。

ちなみに自害した「本能寺の変」の後、何者かによって焼かれてしまったらしいです。

46m?だったかな?江戸城より高かったと言われていたそうです。

スケールの大きさに感動しました。

Dsc_3474 さて、「安土桃山時代村」を離れ、

宿泊先となる鳥羽方面に車を走らせ。

今回鳥羽からフェリーに乗って離島「答志島」!

今回は「桃取エリア」の「松家」さんで宿泊

友人と昔利用したフェリーターミナルは最新のおしゃれなフェリーターミナルになっていました。

待合場所もきれいでした!!

Dsc_3475

待ち時間は夕景をバックに父ちゃん大奮闘!私は夕景襲撃に余念なく撮り続けたものの・・撃沈

Dsc_3496

静まった海を見ながら走ること10分「桃取」に到着。

Dsc_3497 風呂に入り、料理は「牡蠣三昧」

大興奮の子供たちでした。

もちろんゆっくり食べれるはずはありません・・

大戦争でしたヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

Dsc_3498 メニューも、写真に撮りきれず・・

焼き牡蠣、たこ飯、イセエビのお造り、生牡蠣、グラタン牡蠣、ヒラメの造り、イセエビのフライ

メバルの煮付け、牡蠣鍋、あおさの茶碗蒸し

お吸い物、デザート

Dsc_3500 子供のメニューとほとんど一緒で

毎回破壊王が泣き叫んでいたんですが、

今回は茶々が大戦争

じっと食べてくれるわけ・・・・ないです・・・

Dsc_3501 大食いの夫婦ですので、いつも夜食でラーメンを食べるんですが。

今回は持ち帰り

あまりにも多い量にびっくり

口コミでかなりの量と書いてありましたが、今までで一番!!久々に食べきった晩メニューでした

その後就寝、しかし地震が来て茶々が夜鳴き、2時間おきになく始末

父ちゃんっ子の茶々はフィーバーでした。

********************************************

悪魔の夜から脱出して、6時起床

朝もふんだんの朝食メニューで食べるために来たってくらいの太っ腹旅館「松家」さん。

大人10500円のコースで大満足でした。

本当にお世話になりました。あの父ちゃんが気に入ったので、また夏、海水浴プラスで泊まってみたいと思いました。

Dsc_3520

フェリーの出発時間が8時半と10時半と便数が少ないため、時間に追われてしまいますが、離島の旅は想像以上に良かったです

朝日がきれいに撮れないけれど・・とても気持ちよかった1日目でした。

次は2日目の「伊勢神宮」を紹介します

にほんブログ村 
地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2012年1月 3日 (火) | トップページ | 2012年1月13日 (金) »