« 新聞紙で炭に着火する方法 | トップページ | ズッキーニのカルボナーラ »

2014年7月14日 (月)

鯛の塩釜焼き

今週末に家族でキャンプに出かける予定で、晩御飯のメニューを思案中。

番組のネタにもなるように、家庭でも作れるものを探していたところ…

ダイナミックに簡単で美味しく。

これをテーマにしていたらええのありました!!

「鯛の塩釜焼き」

家庭のオーブンでも焼き上げれる料理。
実際作って見てすごく簡単。
おもてなし料理にもなるのでぜひチャレンジして見て下さい。




1、鯛は今回20cmほどの小ぶりなものを使用、エラと鱗内蔵をしっかり取る。

2、卵白2個分をしっかりメレンゲ、硬めに泡だてて、塩800gを混ぜ合わせる

3。鯛の内蔵にレモンを半分加え、耐熱容器に(2)の塩を敷き、その上に鯛を乗せ、残りの塩を乗せしっかり蓋をする





4、210度に温めたオーブンで40分しっかり焼き、少し冷まして、金槌で塩を割っていただきます。




こんがり焼き色というより、全体的にきつね色になっているのがいい感じですね。

割って中を取り出すと・・・



綺麗な天然鯛のピンク色。

塩加減も美味しく、内臓部分に入れたレモンがとても美味しかったので、帆開きで、上下にレモンを入れるもの美味しいかもしれません。

キャンプであれば ダッチオーブンで焼き上げます。
家庭でもダイナミックに美味しい塩釜焼き!ぜひチャレンジして見て下さい。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

|

« 新聞紙で炭に着火する方法 | トップページ | ズッキーニのカルボナーラ »

和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新聞紙で炭に着火する方法 | トップページ | ズッキーニのカルボナーラ »