« うえじゅん寿司回転〜 | トップページ | グランパスリゾート白浜で「おしゃキャン」後編 »

2016年5月 9日 (月)

グランパスリゾート白浜にて「おしゃキャン」前編

このGWは死ぬほどの働き尽くしのGW。流石にストレスもマッハということで

田舎の特権「近場で旅行気分」を楽しもう!ということで自宅から車で50分エリア「白浜温泉」にてキャンプ。

今回は「グランパスリゾート白浜」のオートキャンプ場を利用

通常であればキャンプといえば・・・

  1. 大自然の中
  2. 不便を求め
  3. 静寂の空間

という目的が多い中、こちらのオートキャンプ場は・・・

不便さはなく、徒歩2分にはコンビニ、天然温泉の外湯も徒歩2分、

白良浜までのアクセスも充実、アドベンチャーワールドや円月島、水族館など

観光目当てのキャンプ場となります。

1
敷地内、電源サイトとフリーサイトと2か所

炊事場付近にはごみ捨て場、トイレは水洗とすごくきれい

フットサル場という子どもたちが思いっきり遊べるスペース

利用者が少なければ2台停車できるスペースの駐車場

芝というより砂地になったスペースですが高台で風通りがいいスペースでした

今回は父ちゃん仕事、今年中一になった破壊王は友人と遊ぶということで途中参加。

先に娘茶々姫と午後2時過ぎに到着。

Img_0752

さっそく設営!!

今回はこのブログ記事のタイトルでもある「おしゃキャン」実は略語で

「おしゃれキャンプ」!

最近メーカーが女性目線で売り上げ向上を戦略しているのかな?ここ2年ほど前から

女性が好む色合いや小物も女性目線の商品が多い。渋めの硬派な「スノーピーク」までもが女性目線の始末!!

E0304282_9514261見てみて~~~余談ですが

コールマンに関してはダークグリーンカラーが「コールマンの象徴」だったにも関わらず・・ピンクのテントまで作る始末!!しかしこれがなんとバカ売れで入手困難・・・・すごいでしょ~

友人キャンパーが薄目で小ばかに中・・私はその企業戦略にどっぷり乗っかっております!

しかし、すべて買い替えることが「おしゃキャン」じゃないんです「おしゃキャン」というのは、

  1. 家のリビング感覚で!
  2. あたかも自宅にいるかのように?
  3. カフェ気分

ということなんですよね。そして「私野外嫌い~~」しかしおしゃれなオープンカフェは好き!というんであれば

「キャンプをおしゃれなカフェ感覚で楽しめば・・・」売り上げ向上するというメーカー戦略

流石です!アッパレ~~~

てなわけで私も今年は「おしゃキャン」を楽しんできました

まずその1

Img_0763
小物は木の素材や布を使用

コップやお皿は紙皿や紙コップでなくプラスチック

ナイフやホークもプラスチックなど小物を充実させます

このコーナーラックは「おしゃきゃん」には必須アイテムらしく去年購入して2980円

木箱は娘の積木が入っていた木箱

もともと意識して購入したわけではないが

家で探したら、偶然小物は

「おしゃきゃん」仕様だった私ウフフ

Img_0764
なんと上段のピクニックバックは

10年以上前にコーナンで買ったピクニックセット

もうそれらの皿は古く割れたりしたのでケースだけ

眠っておりましたがこれも今の時代に乗っかっております!

食器は100均一のプラスチックのグラス

コップは普通のキャンプ用のコップさえも

こうのケースに入れれば・・・

なんておしゃれ!!!

Img_0796


今回洗い物のかごとして

梅採りや農作業で使う籠

コーナンで750円くらいで売っているものを利用

結構入ることができる籠

今回のキャンプで大活躍しました

Img_0754_2


しいて買い足したといえば・・・先ほどの洗い物を入れる籠と、三角フラッグ、と木のプレート。ニトリで購入しました。

Img_0765そして今回もお座敷スタイル

これがどうも「おしゃキャン」の基本スタイルらしく

お気に入りの敷物を敷くのがおしゃれスタイルらしい

プランケットやクッションも置くことで「カフェっぽい目線」

しかし我が家はなかなかおしゃれに行かず・・そんなもんです

その後白浜観光白良浜まで車で移動

Img_0755

5月とは思えないほどの清々しさ!!「白良浜」最高のビーチです

Img_0760_2


夕日も最高です!!5時のチャイムが鳴るまで少し遊歩道を裸足で楽しみました

自宅から車で50分走ればこの環境!最高の和歌山紀南エリアです

Img_0766
さて、そして5時半に帰宅。夕方風呂前にサラダの準備

茶々姫セッセっと切ってくれます

分厚いことなんて気にしない!!

私できると言いまくりながら私はゆっくり眺めておりました

Img_0778
あとは焼くだけという段取りまで済ませ

敷地内から徒歩2分の

白浜温泉「千畳の湯」を利用

キャンプ利用者は400円で入浴可能

可温なしの48度。とても素晴らしいお湯でした

午後9時半までに入浴、

午後10時クローズとなっています

日が沈む6時半ごろ露天風呂から夕陽を見ることができます

Img_0779


さて、父ちゃん息子が登場の晩御飯

あまりにも暗く・・写真が取れずでしたが

パスタパエリアに、バケットで生ハム

サラダに焼肉と・・・なかなかおしゃれだったのに・・

唯一撮った「おしゃキャンの夕食ショット」

Img_0781

どうでっしゃろ?シャンパンとハマチの刺身今回はトレイで乗せましたが色合いがいいですね、キャンプでお刺身って優雅でしょ!これこそが「おしゃキャン・夜の晩さん」

今回こんな感じで楽しんだ1日目二日目に続く・・・


にほんブログ村

|

« うえじゅん寿司回転〜 | トップページ | グランパスリゾート白浜で「おしゃキャン」後編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うえじゅん寿司回転〜 | トップページ | グランパスリゾート白浜で「おしゃキャン」後編 »