« コールマン リビングレジャーシート360 | トップページ | コールマン ワンマントルランタン286A »

2016年6月21日 (火)

アペロしよう!

フランス人が大好きな言葉、「アペロしよう!」を知っていますか?
フランスでは、食事が始まる前に簡単なおつまみと一緒に軽くお酒を飲むスタイル、アペリティフ(食前酒)を略したのが「アペロ」。 
食を楽しむフランス人の生活には広く浸透していて、「アペロしよう!(飲みに行こう!)」が仲間同士の合い言葉になっているんです。
Apéritif」(アペリティフ)とは「食前酒」の意味。
これを略してみんな「Apéro」(アペロ)、「アペロ」。
  最近では日本でもこの文化が浸透した様子で


6月第1木曜日。フランス食品振興会が制定。食前酒を飲むアペリティフの習慣の普及を目指すためということで、なんでも制定するよね。

すっかり 日本でも、ディナーの前の0次会として軽く一杯、仕事終わりにサクッと飲んで自宅に帰るアペラーたちが続出!?
そして6月第1木曜日が「アペリティフの日」ということで都市部を中心にイベントが開催されていました、

しかしおまはん6月第1木曜日すぎとるやん!と思うでしょ・・

大丈夫。6月30日まで「アペロの日」続いております。さて、6月の梅雨時ですが、夜長なこの時期にアペリティフを楽しんでみませんか?かっこよく、今日の仕事帰りかっこよく「アペロ」
「アペしない〜」とかアペロしよっか?なんてこの時ばかりに和歌山県内でも広めてみましょう。

そこで今日は、切って詰めて焼くだけで 
トマトのファルスと茹でてつけるだけの 
ひよこ豆とヒジキのマリネを紹介します





まずトマトのファルス、フランス語で詰め物という意味、トマトの中をくりぬき、ハンバーグのレシピ、玉ねぎ、ひき肉塩胡椒を加えた物を詰め込み、オーブン180度で40分焼き上げます
仕上げにパセリと粉チーズと隠し味に醤油、を少し回しかければ完成、 
今回一緒に皮付きのジャガイモをカットして、一緒に焼き上げました
熱々で肉汁ジュワ〜と出ると同時にトマトの酸味が加わってかなり美味しくなります。

そしてもう一品 ひよこ豆とひじきのマリネを作っていきます、
これっていたって簡単、市販の麺つゆ2倍濃縮や4倍濃縮とお酢を好みの酸味で調節しておいて、玉ねぎスライスを加えて先にマリネ液を作っておきます、

そこに、ひじき乾燥したまんま、そしてひよこ豆の水煮缶を加えて茹でます
2〜3分ゆで上げればざるでお湯を切って、熱々のままマリネ液に漬け込みます

適度な湯で汁が薄く埋まってちょうどいい味になるんです。
しっかり漬け込みます余熱が取れたら冷蔵庫でしっかり冷やします
これは、そのままいただくのもOKだけど、サラダの付け合わせでいただく方が美味しいです




酸味がドレッシング感覚でたっぷりサラダも楽しめます

順序として、朝にひじきのマリネを作っておいてしっかり冷やす
そしてトマトのファルスが出来上がるまで、ひじきのマリネや、パン、サラミなどでアペリティフを楽しんで、メインが完成。





おかげで昨晩はよく飲みましてちょっと朝起きにくかったかな?


にほんブログ村

















|

« コールマン リビングレジャーシート360 | トップページ | コールマン ワンマントルランタン286A »

ルクルーゼ鍋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コールマン リビングレジャーシート360 | トップページ | コールマン ワンマントルランタン286A »