2016年6月 6日 (月)

サーモンのアラを使って「テリーヌ」

200円のサーモンのアラ。


そぎ落とせば結構身が取れます
そこで正月やクリスマスなどで見かける「テリーヌ」に大変身します

1)サーモンのアラを200gほど取れた分を使用、塩少々、フードプロセッサーに生クリーム100cc、卵白1個分、レモンの代わりに梅干し1個分を加えかく拌させます

2) パウンドケーキ型に油を塗って、サーモンの具材を流し込み、蒸し器で蒸し上げる

3)しっかり冷まし冷蔵庫で落ち着かせ、好みの大きさに切って完成




パセリのソースを塗りましたが なしのが美味しかったです、冷凍も可能なので多めに作って真空パックで保存すれば冷凍できます


にほんブログ村



| | コメント (2)

2016年4月24日 (日)

手製パスタマシーンで作る生パスタ&、ほうれん草のフィットチーネ

久々の更新、気づけば1年以上も経ちそうですね
すっかりFacebookのおかげでブログを書く人も少なくなたのではないでしょうか?私もその1人です。

さて、娘の誕生日の前夜祭、しかし金欠ということで久々に手製パスタを作ろうと思いました

なんと10年ぶりちゃうか?ってくらいほぼ眠っていたパスタマシーン、
田舎の山奥に来ると何も食材がないと思ってます唯一の嫁入り道具として持参したこのマシーン。

一度使ってそれっきり・・・
しかし偶然にも同僚にイタリア人のハーフの方が勤務され、仕事場でイタリア食材の話になって、
「私のラザニアはもちろん 生パスタですよ。やっぱり生パスタは美味しいです。あるならどうして作らない?」と言われまして・・

そやなぁ〜と久々に作る気がしました
彼女に感謝やね。
久々に作るから大丈夫かな?と思いきや・・腕は忘れていませんね。昔作った懐かしい味でした。

当時は高かったパスタマシーンも今では手軽な値段
ぜひこれを機会に作ってみるのも良いかもしれませんね

(材料 3人前)
強力粉300g、卵1個、ほうれん草のピューレ、(水50cc、茹でたほうれん草大さじ2杯分をミルサーにかけピューレ状にします)オリーブオイル、なければサラダ油でもOK大さじ1、塩小さじ1

(作り方)
1>粉以外の材料をすべて加え混ぜ合わせます、
2>その中に粉を加えすぷーんで混ぜ合わせます
3>少しまとまってきたら手で合わせしっかり空気を抜くようにこねていきます

4> 打粉をしっかりし長雨100回程度こねれば、密封ポリ袋に入れ、最低2時間は寝かせる

5>パスタマシーンでしっかり伸ばして好みのサイズに伸ばしていく









6>たっぷりのお湯塩を加えしっかり茹でていく

今回は鮭のクリームソースでいただきました
生クリーム、牛乳同量、ボイルした鮭を加え、塩コショウで味を整えパスタを加える



小さなパンピザを加えて美味しくいただきました


にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年7月30日 (木)

トマトのコンポート

トマトの大量消費。
結構困っている人は多いと思います
家庭菜園でたっぷり実ったり、またご近所から頂いたりとします「プチトマト」

実はトマトが大の苦手の私。
毎年担当は息子が担当!消費してくれるといえど追っつかず・

悩んだ末、私でも食べれるトマトに変身
火を通すと食べれる私、でも生でも克服したい!だったら、生っぽい火が通ってるそんな感覚といえば・・・

「コンポート」




トマトは湯むきして、
マリネ液に漬け込む

( マリネ液、市販のめんつゆ薄め、ポン酢好み、玉ねぎみじん切り1個、大葉10枚みじん切り、バジル適量)

冷たく冷やして完成

ぷるんとした食感とほのかな酸味。
冷蔵庫で4〜5日は保存できます夏の常備食として利用できます

応用ではこれにショートパスタを加え冷たいパスタとして、いただけます

トマト嫌いな私でも食べれます。冷たい夏のビールのあてにぴったり!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2014年11月16日 (日)

カマスのグラタン

この季節はカマス!前回は55円でしたがまた破格な50円と毎回記録更新!

それくらい今が旬カマスです。

今回も洋風にアレンジ。

ジャガイモとカマスだけのシンプルなグラタン。

カマスは3枚おろし、中骨しっかり取って塩コショウで軽く味を付ける。

ジャガイモは皮をむき、スライサーで薄くスライス

今回はジャガイモのでんぷん質を利用しますので水にさらさず

オリーブオイルを薄く塗った耐熱容器にジャガイモを敷き

その上にカマス1匹分を乗せその上にジャガイモでふたをし、塩こしょう少々

オリーブオイル小さじ1を回しかけ、オーブントースターで10分焼き上げる

ベシャルメソースをやチーズを使わないシンプルなグラタンですが、

外はカリッと中はホクホクのジャガイモ、白身魚との相性がいいこの組み合わせ

ぜひお試しください!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2014年10月 3日 (金)

カマスのチーズフライ

スーパーで格安で「カマス」をGET!
1匹55円。




今回はお酢で漬けてお寿司にするか、塩焼き、煮付けか 悩んだ末、以前南伊勢の民宿で頂いた「カマスのフライ、

それも中にチーズが入った物。



こりゃ?どうなってるん??って思い聞いてみたところ、

一旦背開きで開き、中骨をしっかり取り除き、腹部の部分にチーズを挟み、再び開いた箇所を折りたたみ、衣、パン粉をつけて揚げるだけ。

実にシンプルですが味はかなりうまい!
アジのフライがやはり王様と思いきや、カマスはあっさりした身の甘みをチーズで大きくアシスト

とっても美味しい1品です。

お魚苦手な人は、鮮魚コーナーで背開きで!ってお願いすればOK!自宅に持ち帰り、小骨を取り除けばOK!
青じそ挟んでも味と色目も楽しめます


| | コメント (0)

2014年8月29日 (金)

ズッキーニのカルボナーラ

我が家の家庭菜園で作ったズッキーニを使って
イタリアンなメニューに仕上げました。




ズッキーニは半月切りで2cmほどの厚みでカット。
ベーコンも同じく2cmほどの厚みでカットしたものを、フライパンでオリーブオイル大さじ2加え炒めて

パスタの茹で汁を加え、1本ほど煮詰めます

生クリーム200cc、卵1個パルミジャーノ適量、(1)に加え、茹で上がったパスタを加え、火を止めてソースを絡めます。

濃厚なソースとズッキーニの旨味で美味しく仕上がります。

ぜひお試しください。

| | コメント (0)

2014年6月23日 (月)

ジャガイモのニョッキ

新じゃがいもが美味しい季節。

煮物やフライ、ポテトサラダにコロッケとたっぷり豊富に頂いておりますが。
今日は「ニョッキ」
久々に作りましたがなかなか美味しかったです。

  1. ジャガイモ400gは皮をむき電子レンジでチン!
  2. 強力粉140g、塩少量を加え、すっかり練っていく

  3. 細長く棒状にすると、3㎝ほどの間隔をあけてカット丸く丸めて少し手で押し、フォークなどで飾りをつける


  4. しっかり沸騰したお湯に、(3)を加え、浮き上がればすくい上げ、好みのソースに合えて完成

ゆであがりはこんな感じ。もっちりとしたニョッキはどんなソースにも合います

今回は市販のソースを使用。

もっちりとした触感が子どもにはウケました!

小学生の子どもさんであれば一緒に作れますね

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

鹿肉のタリアータ

和歌山県では2月はジビエウィークとして、
捕獲したイノシシやシカを地域の貴重な食資源として、
レストラン等での利活用や観光振興に活かそうと、解体処理施設や食肉流通システムの整備を推進しています。
また、多くの消費者の方に「わかやまジビエ」を知っていただけるようPR活動にも取り組んでいます、

実は和歌山県では、野生鳥獣による農作物被害が年々増加し深刻化しています。 そのため、イノシシやニホンジカの捕獲に取り組んでいますが、捕獲されたイノシシやシカを食肉として利用されているのは、ごく一部なんですよね。


 そこで、ジビエ(仏: gibier)とは、狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣である。主にフランス料理での用語。

実はフランス語なんですよ。

そこで今日は「鹿肉のタリアータ」を紹介します

肉は塩コショウをして、両面焼き上げて氷水に浸し落ち着かせる

ルッコラの変りにホウレンソウとすりごま、バルサミコ酢の変りにポン酢

パルミジャーノの粉チーズをたっぷりかけていただきます。

鹿のセミ肉「背ロース」は素晴らしく臭みがなく柔らかい、通常は刺身でいただく場所でもあります、。我が家の定番メニューですが・・・

父ちゃんは「鹿の肉は当たるので生で食べないという・・・」

我が家では私だけのメニューやねんなぁ~

当たらんのに、美味しいのに…固定観念がきつい家系は辛いわ・・

てなわけで気にしない人はぜひ食べて欲しいなぁ~




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年7月 1日 (月)

スンドゥブ

ダイエットちう!なので油抜きの食事がメイン。そして炭水化物も極力摂取しないようにするため玄米食。昼が一番の誘惑です〜

そこで乗り切れる簡単お昼ご飯!!!!
「スンドゥブ」
豆腐と中華だし、コチュジャンとニンニクで煮込むだけの簡単メニュー
キムチがあればもっと美味しかったけれど、残念!


1372646278838.jpg
いただきます〜

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

鹿肉のたたき

先日、私の家の裏の防御柵に野生の鹿がひかっかって、泣いていたので
猟銃の人に電話をして引き取りに来ました。


教えてくれたから、美味しい鹿の背中の部分の「セミ」というお肉をいただきました。

早速たたきに決定。

イノシシと比べ、臭みが少ない鹿は、たたきに最適なお肉。
だけど、お肉のたたきを食べるのは、私だけ、父ちゃんもおばあちゃんも一切食べません。
美味しいのに・・って思うんですが、最近、衛生面で鹿の生肉を食するには危ないということで
あまり食べなくなりました。

私だけ美味しくいただきました。

そしてモモの部分も頂いたので、洋風にミートソースに大変身しました。

1>鹿肉はミンチ、ニンニクショウガ、セロリ、玉ねぎを加えて炒めます
2>料理用の赤ワイン1本分加え、香草*ブーケガルニを加えて30分煮込みます
この時はかなりアクが出るので、しっかり取ることをオススメします
水分がなくなるまで煮詰めて、トマトの水煮缶を1個加えて30分煮込みます。
3>パスタを茹でて、ソースを絡め、粉チーズをかけて完成。

1358212589684.jpg


これだったら子どもと食べていいと、父ちゃんの許可がおり、美味しいジビエ料理が完成。

合挽きミンチも美味しいですが、鹿のミートソースも美味しかったです。

まだ鹿肉、冷凍しているので美味しいメニュー考案中です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧